千葉県船橋市在住

私は千葉県船橋市に住む男で、仮性包茎で25年間生きてきました。

もう終わりなの

包皮を剥く事ができない真性包茎や、包皮の出口が狭く亀頭が腫れてしまう事もあるカントン包茎は手術が必要という知識はあったのですが、仮性包茎は必ずしも手術が必要ではなく、清潔にしていればそのままでも問題ないと治療をするつもりは無かったのですが、ある事がきっかけで仮性包茎の手術を行う事になりました。

そのある事とは、私には1年ほど付き合っていた彼女がいたのですが、その彼女に言われた言葉がきっかけです。

彼女との性行為の後にボソッと「もう終わりなの」と言われたのです。

もちろん自分でも早漏気味だという事は分かっていましたが、直接言われた事は初めてで、尚且つ彼女が不満に思っていた事が分かり非常にショックだったのです。

「どうしても皮を剥くと敏感になっちゃうんだよね」と言うと、「じゃあ包茎の手術すれば良いじゃん」と言われたのです。独りよがりなのは嫌だったので、すぐに千葉県船橋市にあるクリニックを調べて行きました。

千葉県船橋市は自宅と同じなので、気楽に行く事が出来ました。手術は短時間で終わり、しばらくは性行為は出来ませんが、抜糸が終わった自分のペニスを見て自身が沸いたのを覚えています。彼女も満足させられるようになり、やって良かったと実感しています。

Pick up

仮性包茎は必ずしも手術が必要ではなく、清潔にしていればそのままでも問題ないと治療をするつもりは無かったのですが、ある事がきっかけで仮性包茎の手術を行う事になりました。

BLOG


新着情報